飯田橋/痛み・しびれ・歪みを根本改善「JITAN BODY整体院」

oshio1

慢性的に腰が痛い… 痛みが慢性化している…

テレビや広告などでよくみる「慢性腰痛」

そもそもこの「慢性」の意味をご存知ですか?

これをわからないまま慢性腰痛を放っておくとあなたの腰痛は手遅れになるかもしれません。

今回は「慢性」の意味腰痛がどのように進行していくのかについて説明をしていきます。

慢性とは

ほとんどが原因不明?!

慢性腰痛とされる基準として、

病院で行う画像検査などでも原因がわからない痛みが3か月以上続いている状態です。

実際、腰痛の約85%がこの原因がわからない腰痛(非特異的腰痛)と言われています。

腰痛になる原因も筋肉が硬くなったりするものだけでなく、

内臓の疲労精神面での疲労なども原因の1つになります。

痛みの経過

体からのサインに気付いていますか?

説明したようにいきなり慢性腰痛は起こりません。

痛みのある状態が3か月以上続くと慢性腰痛となりますが、

痛みがどういった経過をたどるのか説明をしていきます。

痛みには段階があり、そもそもこの「痛み」は、体からの異常を知らせるサインです。

不意に痛くなった腰痛や、ぎっくり腰など、

こういった体からの異常のサインがあるのにも関わらず、

サインを無視して動いてしまったり仕事をすると痛みに慣れてしまい

症状を感じにくくなってしまったり、「よくなった」と錯覚する方がとても多いです。

「よくなった」と思い込み、この始めの痛みを放置すると、

常に違和感がある状態(重い・だるい・凝ってるなど)になります。

この流れで慢性腰痛へと進行していきます。

さらに慢性腰痛の状態を放っておくと、腰から足にかけてのしびれを感じるようになります。

しびれが出てくることで、ようやく「なんとかしないと!」

と思って来院される方がとても多いです。

しかし、しびれが出る状態まで進行すると、改善するのにとても時間がかかります。

痛みのレベルでは、しびれが最も重症です。

しびれがあると最悪、手術も選択肢に入ってきます。

しびれがある状態、慢性化してから施術を開始しても時間とお金がかかってしまいます。

慢性腰痛を防ぐには

まずは生活習慣の見直しから

慢性腰痛を改善するためには、まず悪循環を断ち切らなければいけません。

人間には本来、痛みなどを自然と回復させる能力が備わっています。

しかし、それが日常的に繰り返される負担(不良姿勢、使いすぎ、精神的ストレスなど)

によって回復力が落ちてしまい回復しにくい体へと変えてしまっています。

痛みのある生活習慣を見直すことが改善と予防の第一歩になります。

最近、お客様から1万歩くらい歩いたほうが良いんだよね?と聞かれますが、

運動もただやれば良いというわけではありません。

年齢や性別、体力レベルによって適切な運動量があります。

まずは定期的に続けてできる「気持ち良い」「爽快感」が味わえる程度の運動にとどめておきましょう。

健康的な体を手に入れ、趣味や仕事を安心してできる日常生活をずっと送れるよう、

いま感じている痛みを放っておかずに、早めの対処をおすすめさせていただきます。

まずは少しずつ今の生活習慣を見直していってはいかがでしょうか?

最後に

当院の整体は安全性と効果をうみだす操体法を中心に施術を行っています。

電気や牽引、カイロ、筋膜リリース、ストレッチなど巷には様々な整体法があります。

どこにいっても良くならない、、、

整体を受けて痛みが悪化しないか不安、、、

そんなお悩みがある方はぜひ一度、JITANBODY整体院の整体をお試しください(^^)

きっとお力になれますので、いつでもお問い合わせください(^^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

「JITAN BODY整体院 飯田橋」 PAGETOP